« 米国:カリフォルニア州のPacific Gas and Electricity(PG&E)が,無線通信を用いるスマートメーターによる健康被害発生の懸念から,スマートメーターを撤去し旧来のアナログメーターに置き換える作業を開始? | トップページ | 米国南部オクラホマ州・オクラホマシティ東方で地震が発生 »

2011年11月 5日 (土曜日)

若狭湾沿岸における津波堆積物調査

若狭湾では,関連する電力3社によるボーリング調査が進められている。

 若狭湾沿岸における津波堆積物調査の実施状況について
 平成23年10月14日
 関西電力株式会社,日本原子力発電株式会社,独立行政法人日本原子力研究開発機構
 http://www.atom.pref.fukui.jp/anzenkensyou/dai4kai/siryou2.pdf

当事者による調査なので「都合の悪い情報」が隠蔽される危険性があるが,全くしないよりはマシだろうと思う。

しかし,本当は,企業とも国とも関係のない第三者機関によって調査がなされるべきものだ。ただし,日本では,資金面で難があり,大規模な調査をいつでもすぐに実施可能な第三者機関はない。第三者機関のような顔をしていても,大抵の場合,「天下り」と「ひもつき」を受け入れなければ「無言の圧力」によって押しつぶされてしまうというのが普通だからだ。

それはさておき,地上部における調査と併せて,海底の地形(地殻構造)や海底堆積物の調査も喫緊の課題ではないかと考えている。

私は,「若狭湾は,かつてはもっと小さかった」という仮説をたてている。そして,それが次第に崩壊して現在のかたちとなった。だから,この仮説が正しいとすれば,若狭湾の海底を丹念に調べることにより,かつて崩れ落ちた岩石等のサンプルを得ることができるだろうし,現時点ではまだ確認されていない幾多の断層やその痕跡を発見することができるだろうと思っている。

若狭湾周辺では,地殻の深いところで規模の大きな地震が続いている。

若狭湾の地表近くで大地震が発生し大津波が襲来する前に,何らかの抜本的な対応策が講じられるべきだ。

[追記:2012年1月11日]

関連記事を追加する。

 津波堆積物再調査を 中間報告受け保安院 福井
 産経ニュース: 2012.1.11
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/120111/fki12011102190001-n1.htm

[このブログ内の関連記事]

 米国:カリフォルニアで50年以内に超巨大地震が発生する確率
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/50-fdaa.html

 日本海(若狭湾沖)で大きな地震が発生
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-41f8.html

 ルイス・フロイスが記録した若狭湾大津波はどこで発生したのか?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-e794.html

|

« 米国:カリフォルニア州のPacific Gas and Electricity(PG&E)が,無線通信を用いるスマートメーターによる健康被害発生の懸念から,スマートメーターを撤去し旧来のアナログメーターに置き換える作業を開始? | トップページ | 米国南部オクラホマ州・オクラホマシティ東方で地震が発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:カリフォルニア州のPacific Gas and Electricity(PG&E)が,無線通信を用いるスマートメーターによる健康被害発生の懸念から,スマートメーターを撤去し旧来のアナログメーターに置き換える作業を開始? | トップページ | 米国南部オクラホマ州・オクラホマシティ東方で地震が発生 »