« 米国南部海岸でイルカの打ち上げが急増 | トップページ | 中国人民解放軍の「サイバー戦争観」 »

2011年10月23日 (日曜日)

米国:連邦政府が,リビアに対する空爆開始前に,リビア軍のコンピュータシステムに対するサイバー攻撃を検討

下記の記事が出ている。

 White House considered cyberwar with Libya
 RT: 18 October 2011
 http://rt.com/usa/news/cyberwarfare-cyber-libya-obama-119/

コンピュータシステムが発達するはるか以前から,戦闘開始前に,敵軍の通信網や情報伝達網を破壊することが定石となっていたし,そうしなければ勝利の可能性が低下することは当然のことだと思われる(現実に成功するかどうかは別問題)。

その意味では,定石どおりということができる。

|

« 米国南部海岸でイルカの打ち上げが急増 | トップページ | 中国人民解放軍の「サイバー戦争観」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国南部海岸でイルカの打ち上げが急増 | トップページ | 中国人民解放軍の「サイバー戦争観」 »