« スマート都市用のOS-Urban OS | トップページ | アイルランド:FacebookがEU個人データ保護指令に違反している疑いで調査を開始 »

2011年10月 1日 (土曜日)

プリンストン大学が,プラスチック製の「空とぶ絨毯」を開発

下記の記事が出ている。

 'Flying carpet' of conductive plastic takes flight
 BBC: 30 September 2011
 http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-15106231

************************************

(余談)

実用化にはまだ時間がかかると思われるが,ほぼ間違いなく実用化されることだろう。

そして,軍事利用される。

プラスチック製の(空とぶ)薄い板であればレーダーで捕捉され難い,または,全く捕捉されない。

もしその板に美女のヌード写真を印刷して戦場の敵陣地に飛ばせば,敵兵が喜んで拾うかもしれない。そして,もしその板に猛毒の殺人ウイルスを塗布しておけば,放置するだけで敵兵を死滅させることができるだろうと思う。

|

« スマート都市用のOS-Urban OS | トップページ | アイルランド:FacebookがEU個人データ保護指令に違反している疑いで調査を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スマート都市用のOS-Urban OS | トップページ | アイルランド:FacebookがEU個人データ保護指令に違反している疑いで調査を開始 »