« Appleに続きMicrosoftもAdbe Flashを排除する方針? | トップページ | 自律分散型のスマートグリッドは技術的には可能と思われるが・・・ »

2011年9月18日 (日曜日)

Yahoo検索とBing検索が汚染されており,マルウェアを感染させる偽サイトに誘導する危険性があるとの指摘

下記の記事が出ている。

 Yahoo and Bing Adverts Distributes Malware!
 PC1 News: September 17, 2011
 http://www.pc1news.com/news/3902/yahoo-and-bing-distribute-malware.html

 Yahoo, Microsoft's Bing display toxic ads
 Register: 16 September 2011
 http://www.theregister.co.uk/2011/09/16/bing_yahoo_malware_ads/

誘導先は,Firefox, Adobe Player, Skype, uTorrent等のダウンローダーサイトで,いずれも偽サイト。

騙された者が偽のダウンローダーを起動すると,画面上ではダウンロード開始のような表示が出るが,バックグラウンドではIEが起動し,マルウェアを感染させる仕組みになっているようだ。

[このブログ内の関連記事]

 uTorrentのWebサイトがハックされたようだ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/utorrentweb-db8.html

 DNSサーバからの応答を書き換えたりGoogleの検索結果を書き換えたりして,マルウェアを仕組んであるサイトに誘導する攻撃
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/dnsgoogle-07ff.html

 GoogleのSSL認証を誤らせる攻撃-man-in-the-middle (MITM)攻撃
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/googlesslman-in.html

|

« Appleに続きMicrosoftもAdbe Flashを排除する方針? | トップページ | 自律分散型のスマートグリッドは技術的には可能と思われるが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Appleに続きMicrosoftもAdbe Flashを排除する方針? | トップページ | 自律分散型のスマートグリッドは技術的には可能と思われるが・・・ »