« スウェーデン:政府が「EUデータ保全指令は欧州人権条約に反し,無用なものだ」と主張 | トップページ | グアテマラで引き続き大きな地震が発生 »

2011年9月12日 (月曜日)

中国:上海蟹の解禁日前なのに偽物上海蟹が既に出回る

下記の記事が出ている。

 秋の味覚「上海蟹」、水揚げ前に早くも偽物登場-北京市
 Recoed China: 2011年9月8日
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=54207

中国では,どんなものでも偽物が存在するらしい。ある種の芸術の一種かもしれない。おそらく,日本に輸入されている上海蟹の中にも偽物が相当多数含まれているのだろうと推定する。

ちなみに,私は,上海蟹を特に好んで食べるほうではない。

日本の蟹の中で最も好きなのは北海道産の毛蟹だ。ずっしりと重い毛蟹はそれなりに値段もはるけれども,損をしたと思ったことはない。期待を裏切らない蟹だと言える。

海外で食べた蟹の中では,米国ワシントン州のシアトルに出張した際にレストランで食べた「ダンジネスクラブ(Dungeness Crab)」というガザミを巨大化させたようなかたちをした蟹が一番記憶に残っている。これは,文句なしに美味かった。

実は,そのレストランでは細かく刻んで煮込む料理しかメニューになかったのだが,出張に同行していた某氏がレストランにかけあって単純にスチームしたものを出してもらうことになった。地元では,もともとそのような素朴な食べ方が普通らしいのだが,レストランのシェフとしては「店で素人料理を出すわけにはいかない」ということだったのだろうと想像する。

とにもかくにも一番美味しい食べ方で味わうことができたわけで,その某氏には心から感謝している。

シアトルへの旅は,生涯忘れられない思い出の一つだ。

[参考]

 米国ビジネス特許視察ツアー(私的なレポート)
 http://www.isc.meiji.ac.jp/~sumwel_h/doc/BMP2000/

 コーネル大学探訪記
 http://www.isc.meiji.ac.jp/~sumwel_h/doc/Cornell/Cornell-trip.htm

[追記:2011年9月13日]

関連記事を追加する。

 今出回っている「上海蟹」はすべて偽物です!業界団体が注意を呼びかけ-中国
 Record China: 2011年9月12日
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=54290

|

« スウェーデン:政府が「EUデータ保全指令は欧州人権条約に反し,無用なものだ」と主張 | トップページ | グアテマラで引き続き大きな地震が発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スウェーデン:政府が「EUデータ保全指令は欧州人権条約に反し,無用なものだ」と主張 | トップページ | グアテマラで引き続き大きな地震が発生 »