« 賽の河原 | トップページ | モザンビークとマダガスカルの中間あたりの海域で大きな地震が発生 »

2011年9月18日 (日曜日)

米国:民間のGPSサービスがハックされることにより軍の運用にも重大な悪影響が生ずるとの見解

国防省では懸念しているようだ。

 Department Seeks to Protect GPS Operations
 U.S. Department of Defence: September 16, 2011
 http://www.defense.gov/News/NewsArticle.aspx?ID=65355

同じことはどの国の軍隊でも言える。

いざというときのために,自衛隊では,六分儀とコンパスを用いた方位測定方法及び三角測量の基本を全隊員に徹底的に教育・指導しておくと良いと思われる。最も肝心なときにネットワークシステムが使えないという事態の発生は大いにあり得る。

もし私が侵略しようとする立場の将軍であれば,ミサイルによってGPS関連の衛星を破壊してしまうだろうと思う。それと同時に,予め工作員を侵入させておき,真っ先にGPSその他の方位測定関連の施設・設備を物理的に破壊してしまうことだろう。民間施設であれば,防備というものが全くないのに等しいので,攻撃は極めて容易だ。

[関連記事]

 GOP Lawmaker Calls for LightSquared Inquiry
 Wall Street Journal: September 15, 2011
 http://online.wsj.com/article/SB10001424053111903927204576573231491375462.html?mod=googlenews_wsj

 Lawmakers question WHouse role in wireless project
 AFP: September 16, 2011
 http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iDnySF8vFJpV_MMu-4zZx9XmEjdA?docId=CNG.8406293260e81e47562c0d8c46ce3272.e71

 The Circuit: LightSquared and GPS, impact of EU privacy laws
 Washington Post: September 14, 2011
 http://www.washingtonpost.com/blogs/post-tech/post/the-circuit-lightsquared-and-gps-impact-of-eu-privacy-laws/2011/09/14/gIQAJbllRK_blog.html


[このブログ内の関連記事]

 米国:無線通信ネットワーク LightSquaredがGPSシステムの不調により消滅の危機
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/lightsquaredgps.html

 GPSに依存しすぎるビジネスは非常に危険
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-bd42.html

|

« 賽の河原 | トップページ | モザンビークとマダガスカルの中間あたりの海域で大きな地震が発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 賽の河原 | トップページ | モザンビークとマダガスカルの中間あたりの海域で大きな地震が発生 »