« パブリッククラウド内の仮想サーバ上に利用者が記録したデータは誰のものか? | トップページ | 銀行ATM等でスキミングが実行されるという新たな脆弱性が見つかる »

2011年8月18日 (木曜日)

太陽光発電装置や燃料電池の落雷被害対策

下記の記事が出ている。

 求められる効果的な対策 雷害防止技術
 日刊工業新聞: 2011年7月8日
 http://www.nikkan.co.jp/adv/gyoukai/2011/110708a.html

世界各地でのメガソーラー計画失敗例の中には,確かに落雷が原因と思われるものがある。

今後,地球全体で気象が変化しやすくなる可能性もあり,大気が不安定になると落雷の頻度も増加する可能性があるものと思われるから,この点に関する検討も十分になされなければならない。

少なくとも,雷の多発地帯には向いていない。

|

« パブリッククラウド内の仮想サーバ上に利用者が記録したデータは誰のものか? | トップページ | 銀行ATM等でスキミングが実行されるという新たな脆弱性が見つかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パブリッククラウド内の仮想サーバ上に利用者が記録したデータは誰のものか? | トップページ | 銀行ATM等でスキミングが実行されるという新たな脆弱性が見つかる »