« サイバー攻撃でパニックになってはならないとの意見 | トップページ | Chromeに重大な脆弱性が発見される-メール通知やRSSにより広範にマルウェア感染するおそれ »

2011年8月 8日 (月曜日)

イスラエルがイランに対するサイバー攻撃を準備

下記の記事が出ている。

 Israel Ready For Cyber War Versus Iran
 my FOX phoenix: 07 Aug, 2011
 http://www.myfoxphoenix.com/dpps/news/israel-ready-for-cyber-war-versus-iran-dpgonc-km-20110807_14471234

 Nuclear deterrence & enemy rationality
 Jerusalem Post: 08/06/2011
 http://www.jpost.com/Opinion/Op-EdContributors/Article.aspx?id=232731

 Propaganda & Warfare in Cyber World
 Pakistan’s weak flank!
 Pak Tribune: August 02, 2011
 http://paktribune.com/news/index.shtml?242277

ここでいう「サイバー攻撃」には,おそらく,ネット経由での攻撃だけではなく,物理攻撃が含まれる。

なぜなら,ネット経由での攻撃は,ネットから切り離された環境では機能しないからだ。

可能性の問題としては,電磁波兵器や中性子爆弾の使用が考える。

最悪の場合,イランの友好国からの報復攻撃があるので,世界は核戦争(=破滅)へと突入する危険性があることを否定できない。

誰かがイスラエルに我慢をさせなければならないのだが,現在,米国にはその力がない。

最終的な手段としては,米国が意図的に米国債を暴落させて世界恐慌を起こし,イスラエルの資金力を事実上ゼロにしてしまうという手段が考えられるが,これは,核戦争と同程度に人類滅亡の危険性のあるやり方だと考える。

ただし,下記のような記事も出ている。

 Chinese army chief due in Israel next week
 Jerusalem Post: 08/08/2011
 http://www.jpost.com/Defense/Article.aspx?id=232878

|

« サイバー攻撃でパニックになってはならないとの意見 | トップページ | Chromeに重大な脆弱性が発見される-メール通知やRSSにより広範にマルウェア感染するおそれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイバー攻撃でパニックになってはならないとの意見 | トップページ | Chromeに重大な脆弱性が発見される-メール通知やRSSにより広範にマルウェア感染するおそれ »