« 早川由紀夫教授が汚染マップの更新を断念していた | トップページ | 知恵がなさ過ぎる »

2011年8月13日 (土曜日)

放射能に汚染された汚泥等の保管場所の問題

下記の記事が出ている。

 汚染汚泥もたまる一方 引き受け先めど立たず
 産経ニュース: 2011.8.13
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110813/dst11081321540032-n1.htm

保管場所は決まっていると思う。

まず第一に,発生源である東京電力の敷地や建物内に保管する。

次に,原発を保有する他の電力会社の敷地や建物内に保管する。

そして,原発を推進してきた者(関連会社役員や超有名大学の著名教授や官僚等だけではなく,原発推進記事を書いてきた新聞記者,評論家やタレントを含む。)の敷地や建物内に保管する。

これ以外にないと思う。

推進してきたのだから,これくらいの責任は当然持つべきだろう。

「低レベルだから大丈夫だ」と国がお墨付きを与えているわけだし,健康上は問題ないだろう。もし問題があるというのなら,国はその点をちゃんと明確にしなければならない。そして,もし問題があるというのであれば,私は,上記の見解をすべて撤回する。

ちなみに,法的にはどうなるかというと,排出源である東電が,その費用で全ての放射性物質を回収し,最終処分場で処理すべき法的義務がある。東電は,会長と社長を含め,全員で額に汗して,汚染された汚泥などの運搬作業にあたるべきだろう。退職した役員等もまた同じ。

[追記:2013年8月19日]

関連記事を追加する。

 行き場を失う、横浜市の放射能汚染焼却灰
 東洋経済Online: 2013年8月18日
 http://toyokeizai.net/articles/-/17656

|

« 早川由紀夫教授が汚染マップの更新を断念していた | トップページ | 知恵がなさ過ぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 早川由紀夫教授が汚染マップの更新を断念していた | トップページ | 知恵がなさ過ぎる »