« シャネルはナチのスパイだった? | トップページ | カナダ:フランス語新聞社Le Devoirのサイトがハックされたようだ »

2011年8月17日 (水曜日)

会津若松市で高濃度の放射性物質を検出

下記の記事が出ている。

 原発100キロで18万ベクレル 福島地裁支部の側溝汚泥
 産経ニュース: 2011.8.16
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/110816/trd11081622450018-n1.htm

裁判所が,原発反対訴訟を却下または棄却しなければ,こういうことにはならなかった。自業自得と言える。

しかし,汚染されているのは福島だけではない,日本中が十分過ぎるほど汚染されている。

どこにも逃げ場はない。

その責任は,すべて東電にある。

ちなみに,この記事に出てくる汚染物質を保管する場所は日本中のどこにもない。

最高裁は,責任をとり,最高裁の敷地内でそれらの汚染物質を保管するのがよいだろう。

なぜなら,すべての原発訴訟を却下または棄却するようにしてきたのは,ほかならぬ最高裁だからだ。

|

« シャネルはナチのスパイだった? | トップページ | カナダ:フランス語新聞社Le Devoirのサイトがハックされたようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャネルはナチのスパイだった? | トップページ | カナダ:フランス語新聞社Le Devoirのサイトがハックされたようだ »