« イラク:米軍がテロリスト系サイトをサイバー攻撃し一時的に使用不能にしたようだ | トップページ | クラウドコンピューティングの統御は容易なことではないとの見解 »

2011年8月20日 (土曜日)

中国は世界最悪のサイバースパイ国家との見解

下記の記事が出ている。

 China and Cyber-Espionage
 Asia Society: August 19, 2011
 http://asiasociety.org/policy/strategic-challenges/china-and-cyber-espionage

関連情報(公式報告書等)へのリンクが充実しており,情報を整理するには便利だと思われる。

日本でも,株主構成等から事実上中国の事実上の支配下にあると推定される企業は,その企業の知名度や規模の大小を問わず,「サイバースパイまたはその手先」である可能性を疑うべきだと思う。

|

« イラク:米軍がテロリスト系サイトをサイバー攻撃し一時的に使用不能にしたようだ | トップページ | クラウドコンピューティングの統御は容易なことではないとの見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イラク:米軍がテロリスト系サイトをサイバー攻撃し一時的に使用不能にしたようだ | トップページ | クラウドコンピューティングの統御は容易なことではないとの見解 »