« アルカイダ 2.0 | トップページ | 特許訴訟に苦戦を強いられているGoogleがIBMから1000以上の特許を取得? »

2011年8月 1日 (月曜日)

サイバー攻撃は,社会全体に対してどれだけの損失を発生させているか?

下記の記事が出ている。

 KnowBe4 Cybercrime Case Study Reveals True Cost of Network Breach
 Digital Journal: August 1, 2011
 http://www.digitaljournal.com/pr/378340

結局のところは推計に過ぎないので,本当の損失額はわからない。

しかし,通常理解されているところよりも大きいだろうということは言えると思う。

ネット上でのビジネスは,一般に,コスト削減に有効と言われている。

しかし,セキュリティ対策の費用だけではなく,破られた場合の直接・間接の損失は馬鹿にならない。また,顧客データを含む機密データの保護や知的財産権の保護のためには,物理的な費用だけではなく,多額の人件費と弁護士費用等を要する。

ネット上でのビジネスは,顧客獲得の機会を増やすだろうということは否定しない。しかし,お呼びでない顧客(サイバー犯罪者など)も必ず寄ってくることになるということを忘れてはならない。

|

« アルカイダ 2.0 | トップページ | 特許訴訟に苦戦を強いられているGoogleがIBMから1000以上の特許を取得? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルカイダ 2.0 | トップページ | 特許訴訟に苦戦を強いられているGoogleがIBMから1000以上の特許を取得? »