« インド:銀行従業員の大規模ストライキによる影響で,銀行のシステムが続々とシャットダウン | トップページ | データベースシステムには古いバグがいっぱい残っている »

2011年8月 6日 (土曜日)

Facebookの自動顔認証システムはドイツの個人データ保護法に違反する

下記の記事が出ている。

 German official scolds Facebook on privacy
 UK News Online: Aug 06, 2011
 http://www.golf-talk.co.uk/news/german-official-scolds-facebook-on-privacy/124513683

 Is Facial-Recognition Software the Next Security Threat?
 Top Tech News: August 5, 2011
 http://www.toptechnews.com/news/Is-Facial-Recognition-a-Privacy-Threat-/story.xhtml?story_id=0110010ECF2F&full_skip=1

 Germany Investigating Facebook Tagging Feature
 New York Times: August 3, 2011
 http://www.nytimes.com/2011/08/04/technology/germany-investigates-facebook-tagging.html

どこがどのように違法なのかというと,顔の画像データも「個人データ」の一種なので,EU加盟国においては,「事前の明示の承諾」なしにそれを収集することが禁止されている。Facebookは,利用者の顔画像データを自動収集し,自動マッチングを実行しているのだが,おそらくFacebookとしてはポリシーの変更により「事前の承諾」の要件を満たしたと理解したのだろう。しかし,「個別の明示の承諾」を要すると理解しないとEUでは駄目だということになるのではないかと思われる。

日本では,ここらへんが曖昧なままにされていることは否定できない。

しかし,国際法上の義務として,日本国は,EUと同程度の個人データ保護制度をもたなければならないことになっているのだから,そろそろちゃんとしなければならないと思う。

つまり,個人情報保護法を全面改正すべきだ。

なお,いつも書くことだが,個人情報保護法は行政取締法規なので,これとは別に,現行法のままでも,肖像権の侵害やプライバシー権の侵害として民事上の損害賠償責任が発生したり,名誉毀損として刑事責任が発生することがある。

 

[このブログ内の関連記事]

 Facebookが自動顔認証システムを導入し,プライバシーポリシーを変更
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/facebook-7ce9.html

 Googleのスマートフォン用顔認証アプリについてプライバシー侵害のおそれがあるとの批判
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/google-dd6b.html

|

« インド:銀行従業員の大規模ストライキによる影響で,銀行のシステムが続々とシャットダウン | トップページ | データベースシステムには古いバグがいっぱい残っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インド:銀行従業員の大規模ストライキによる影響で,銀行のシステムが続々とシャットダウン | トップページ | データベースシステムには古いバグがいっぱい残っている »