« 英国:スコットランドでのクジラ大量死の原因は食物連鎖によるPCBの蓄積か? | トップページ | 10歳の少女が,重大な攻撃に利用可能な脆弱性がゲームソフトにあることを見つける »

2011年8月 8日 (月曜日)

Dropboxのストレージサービスで,誰にでも自由にアクセスできるようになるバグがあったらしい

下記の記事が出ている。

 When Consumers Go To The Cloud, Businesses Should Watch Out
 dark READING: Jun 30, 2011
 http://www.darkreading.com/cloud-security/167901092/security/storage-security/231000837/when-consumers-go-to-the-cloud-businesses-should-watch-out.html

Dropboxは,利用者に対し,自分のデータを暗号化して記録するように奨めているとのこと。

この事故から得られる教訓,それは,パブリッククラウドでは,「安全・安心」をうたい文句にしてはならないということだ。

誰からもアクセスされるかもしれない電子的な箱の提供としてビジネスモデルを設計し直す必要があるかもしれない。

しかし,そのようなものに対して,対価を支払う利用者はいるのだろうか?

|

« 英国:スコットランドでのクジラ大量死の原因は食物連鎖によるPCBの蓄積か? | トップページ | 10歳の少女が,重大な攻撃に利用可能な脆弱性がゲームソフトにあることを見つける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英国:スコットランドでのクジラ大量死の原因は食物連鎖によるPCBの蓄積か? | トップページ | 10歳の少女が,重大な攻撃に利用可能な脆弱性がゲームソフトにあることを見つける »