« 日本海の深いところで地震 | トップページ | 英国:セラフィールドのMOX燃料再処理工場が閉鎖 »

2011年8月 4日 (木曜日)

韓国:AppleがiPhoneで位置情報を取得していた行為が違法であるとして,300万ウォンの過料の制裁

下記の記事が出ている。

 韓国の放送通信委、アップルとグーグルに行政処分
 聨合ニュース: 2011/08/03
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/08/03/0200000000AJP20110803003100882.HTML

この問題は,世界的に議論されてきたのだが,行政処分がなされるのは世界初ということらしい。

日本では,官民一体となって,(後先考えずに)位置情報のビジネス利用ばかり考えてきたようなところがあるから,行政処分までいくかどうかわからない。

私見(とういよりも通説)としては,下記のいずれかの場合にのみ,位置情報のビジネス利用がプライバシー侵害とならない。

1) 単なる符号の位置情報の取得にしかならず,どのようにしても特定の個人の属性情報とはならない場合

2) 位置情報の利用につき,本人から事前の明示の承諾がある場合

ただし,ここでいう「本人」を特定することが非常に難しい場合がある。通常は,一定の本人確認事項を一定の書類等によって証明すれば本人確認ができたことにしている。しかし,本当は,それによって本人が特定されているわけではなく,本人が特定されたものとして法的責任を免除しているだけのことに過ぎない。私は,このような法制のあり方のことを,「免罪符」と呼んでいる。この私見である「免罪符」説は,現時点では通説になったと理解している。

なお,位置情報の取得について,事前の明示の承諾が必要であることの法的根拠としては,EUの個人データ保護指令の一部改正指令である電子通信プライバシー保護指令においてそのような義務が定められている。また,個人データ保護指令の普通の解釈としても,位置情報は個人データの一種であると理解できることから,原則どおり,事前の明示の承諾なしの収集はできない。そして,日本は,個人データ保護指令とパラレルな法制をもつべき国際的な義務を負っていることから,日本においても法的義務であるとして理解しなければならないことをあげることができる。このことについては,これまで何度もこのブログで書いてきた。

これまでこのブログに書いてこなかった点を付加して説明すると,日本の行政法規である個人情報保護法では,位置情報について明確に定めていないし,「事前の明示の承諾」の要件も定められていない。したがって,事前の明示の承諾なしに収集しても個人情報保護法に違反することはない。しかし,ここで「違反にならない」という意味は,行政法規としての個人情報保護法に違反しない(=行政庁から行政法規違反として罰則の適用を受けることがない)という意味でしかなく,「個人情報保護法に違反しない=他の法令違反にならない」という意味ではない。例えば,不法行為(民法709条)に基づく損害賠償責任が発生することはあり得るし,また,名誉毀損として処罰されることもあり得る。

この名誉毀損との関係で,プロッサーの類型における第三類型に着目すべきことについてはこれまで何度もブログに書いてきたことだし,著書や論文等でも指摘してきたとおりだ。

 

[このブログ内の関連記事]

 米国:GoogleやAppleによる利用者位置情報のトラッキングを受け,これを違法として禁止する法律制定の動き
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/googleapple-498.html

 AppleがiPhoneとiPadによる利用者位置情報トラッキング問題についてバグ修正ということで対処
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/appleiphoneipad.html

 AppleのiPhoneによる利用者トラッキングについて,Appleはミステイクだと弁解し,トラッキングの事実を否定
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/appleiphoneappl.html

 米国:iPhoneにより位置情報がトラッキングされていたことについて,Appleが提訴される
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/iphoneapple-02d.html

 GoogleとAppleは,スマートフォンのトラッキングにより超巨大な位置情報データベースを構築しているようだ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/googleapple-91a.html

 iPhoneは利用者の行動(物理的移動)を密かに追跡・監視している
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/iphone-17d2.html

 Android環境では,固有ID+ルータのアドレスの情報をゲットすることによりプライバシー侵害が容易に発生するとの指摘
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/androidid-23bc.html

 GPS携帯電話利用者の物理的な位置情報がハックされる危険性
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/gps-b504.html

|

« 日本海の深いところで地震 | トップページ | 英国:セラフィールドのMOX燃料再処理工場が閉鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本海の深いところで地震 | トップページ | 英国:セラフィールドのMOX燃料再処理工場が閉鎖 »