« エタノールを生成する微生物に関する特許 | トップページ | 米国:独占禁止法違反の疑いがあるとして,FTCがTwitterを調査 »

2011年7月 1日 (金曜日)

非常に多数のWindows PCがbotネットに汚染されているとの調査結果

下記の記事が出ている。

 Security researchers discover 'indestructible' botnet
 BBC: 30 June 2011
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-13973805

破壊することが非常に困難なものだということだ。

ちなみに,ソフトウェアによるbotネットの場合には,理論的には,検出し破壊することは可能だ。しかし,PC出荷時にチップレベルで汚染されている場合にはどうにもならない。そのような実例があるということについては,既にこのブログの記事に書いた。

国防という観点からすれば,重要な業務に用いるコンピュータシステムについては,100パーセント自国で生産されたものに限るようにすべきではないかと思う。

|

« エタノールを生成する微生物に関する特許 | トップページ | 米国:独占禁止法違反の疑いがあるとして,FTCがTwitterを調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エタノールを生成する微生物に関する特許 | トップページ | 米国:独占禁止法違反の疑いがあるとして,FTCがTwitterを調査 »