« オーストラリア:ゴールドコーストに死んだクジラが打ち上げ | トップページ | 韓国:3月の大規模サイバー攻撃は試験的なものだったのではないかとの見解 »

2011年7月 7日 (木曜日)

尖閣諸島関連の日本のサイトに対するサイバー攻撃の大部分は中国から

下記の記事が出ている。

 尖閣めぐるサイバー攻撃、発信元の9割が中国 警察庁がICPO通じて捜査協力要請 
 産経ニュース: 2011.7.7
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110707/crm11070711280009-n1.htm

この記事によれば,日本の警察は,ICPOを通じて中国の公安(警察)に捜査依頼をしたとのことだが,実際に中国の公安当局が捜査をする可能性は著しく低いと思われる。

ただ,中国の公安当局が何もしなければ,(1)サイバー攻撃が中国政府によるものであること,または,(2)中国政府としてはサイバー攻撃を容認していることを国際的に認めることにもなるだろう。

|

« オーストラリア:ゴールドコーストに死んだクジラが打ち上げ | トップページ | 韓国:3月の大規模サイバー攻撃は試験的なものだったのではないかとの見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストラリア:ゴールドコーストに死んだクジラが打ち上げ | トップページ | 韓国:3月の大規模サイバー攻撃は試験的なものだったのではないかとの見解 »