« 中国:宇宙資源の獲得に必死? | トップページ | SNSがテロリストに利用されているとの警告 »

2011年7月14日 (木曜日)

EU:インターネットへのアクセスは基本的人権の一種

下記の記事が出ている。

 OSCE: Access to the Internet should be a human right
 EDRI: 13 July, 2011
 http://www.edri.org/edrigram/number9.14/oecd-study-internet-freedom

詳細については,この記事からリンクされている関連情報を参照されたい。

なお,この見解が正しいという前提に立つ場合,いわゆる「有害情報のブロッキング」は,犯罪行為であることが明白である場合であり,かつ,必要やむを得ない場合に限定してよほど謙抑的に実施されない限り,基本的人権の侵害ということになるかもしれない。


[このブログ内の関連記事]

 忘れる権利(right to forget)と忘れ去られる権利(right to be forgotten)
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/right-to-forget.html

 EU:インターネットアクセスは基本的人権の一種?
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-a53b.html

|

« 中国:宇宙資源の獲得に必死? | トップページ | SNSがテロリストに利用されているとの警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国:宇宙資源の獲得に必死? | トップページ | SNSがテロリストに利用されているとの警告 »