« 米国:Anonymousが米国の軍事顧問会社Booz Allen Hamiltonをハックして得た軍事機密情報を公開 | トップページ | 英国:Anonymousがロンドン警視庁をハック »

2011年7月13日 (水曜日)

イタリア:他の車両と通信する自動車により交通渋滞が緩和されたとの実験結果

下記の記事が出ている。

 'Talking' cars could reduce motorway pile-ups
 BBC: 12 July 2011
 http://www.bbc.co.uk/news/technology-14125245

自動車のロボット化が更に進んだようだ。

なお,自動車と自動車との間の通信と自動操縦が進むと,人間による自由な操縦の余地がどんどん乏しくなる。そして,道路上を走行中の自動車数が一定数量を超過すると,例えば,車庫や私有地から公道に出ようとしても(渋滞を自動的に阻止するために)公道への進入が自動的に阻止されてしまうといった事態の発生が十分に考えられる。現実問題として,大半の車両が道路交通法に違反して走行しているからこそ現在の秩序がそこそこ維持されているわけで,もし道路交通法に定める規制を完全に順守するように自動的に制御されるようになれば,非常に多くの車両が自動的に走行阻止されてしまうことになるだろう。その結果,自動車を保有していてもほとんど無意味だということになり,自動車産業が大いに衰退する発端となるだろうということが容易に推測可能だと思われる。

また,無線によって通信がなされる場合,その無線通信をハックして道路交通全体に深刻な被害を発生させるような新たなテロ攻撃ななされる可能性が高い。

これらの問題をよく考えてから,このような人工知能ロボットタイプの車両の導入を検討すべきだろうと思う。

|

« 米国:Anonymousが米国の軍事顧問会社Booz Allen Hamiltonをハックして得た軍事機密情報を公開 | トップページ | 英国:Anonymousがロンドン警視庁をハック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:Anonymousが米国の軍事顧問会社Booz Allen Hamiltonをハックして得た軍事機密情報を公開 | トップページ | 英国:Anonymousがロンドン警視庁をハック »