« 部品を中国依存することによる脆弱性 | トップページ | マスメッシングインジェクション攻撃 »

2011年6月17日 (金曜日)

太陽で過去最大級のフレアを観測

下記の記事が出ている。

 粒子放出量が過去最大の太陽フレア
 ナショナルジオグラフィックス: June 9 2011
 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110609002

フレアによって宇宙に放出された大量の微粒子は,地球上にも様々な影響を与える。

最悪の場合,世界中の電子機器が一斉に破壊されてしまうことがあり得る。

発電施設や送電線にも影響を与える可能性があり,現に過去にそのような事例があった。

原子力発電所の制御用及び冷却用の電源系が一斉にショートして使用不可能になることもあり得る。その場合,世界同時多発的に,原子力施設の一斉爆発事故が発生する。人類は滅亡することになるだろう。


[このブログ内の関連記事]

 太陽のフレアによって地球上の通信インフラが全面的に崩壊するおそれ
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-7d0e.html

|

« 部品を中国依存することによる脆弱性 | トップページ | マスメッシングインジェクション攻撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 部品を中国依存することによる脆弱性 | トップページ | マスメッシングインジェクション攻撃 »