« オーストラリア:企業に対し個人データ漏洩事故に関する情報を強制的に開示させる新法が制定される見込み | トップページ | 自治体は,放射線で汚染された物質について勝手に除去等を命ずることができない »

2011年5月 4日 (水曜日)

Sony Play Station Networkなどからの利用者情報漏洩事件により,今後特定の個人を標的としたスピアフィッシング詐欺が横行することになるかもしれないとの指摘

下記の記事が出ている。

 Sony data breach may lead to "spear phishing' scams
 Signon San Diego: May 3, 2011
 http://www.signonsandiego.com/news/2011/may/03/sony-data-breach-may-lead-spear-phishing-scams/

当然予想すべき事態だと思われる。

相当因果関係の範囲内にあると考えられるので,もしスピアフィッシングが実行された場合,それによる損害についてもSonyが損害賠償責任を負うべきことになるだろう。

|

« オーストラリア:企業に対し個人データ漏洩事故に関する情報を強制的に開示させる新法が制定される見込み | トップページ | 自治体は,放射線で汚染された物質について勝手に除去等を命ずることができない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーストラリア:企業に対し個人データ漏洩事故に関する情報を強制的に開示させる新法が制定される見込み | トップページ | 自治体は,放射線で汚染された物質について勝手に除去等を命ずることができない »