« ロボットの言語生成・学習能力 | トップページ | クラウドコンピューティングに関するCIOの懸念事項がセキュリティから一般的なマネジメント上の課題(顧客の信頼等)へとシフトしているとの調査結果 »

2011年5月25日 (水曜日)

福島第一原発周辺の土壌汚染は極めて深刻

下記の記事が出ている。

 チェルノブイリ級の土壌汚染も 原子力委に専門家報告
 共同通信: 2011/05/24
 http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052401001133.html

なお,汚染物質は放射性廃棄物の一種なので,勝手に入れ替えなどによって対処することは許されない。法に定めるところに従い,最終処分場で処分しなければならない。


[このブログ内の関連記事]

 自治体は,放射線で汚染された物質について勝手に除去等を命ずることができない
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-270b.html

 放射性物質によって汚染された汚泥のリサイクルセメントが流通
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-3428.html

 下水処理場等の汚泥中の放射性物質濃縮が進む
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-d899.html

 下水処理場等での放射能汚染汚泥の蓄積が進む
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-63f9.html

|

« ロボットの言語生成・学習能力 | トップページ | クラウドコンピューティングに関するCIOの懸念事項がセキュリティから一般的なマネジメント上の課題(顧客の信頼等)へとシフトしているとの調査結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロボットの言語生成・学習能力 | トップページ | クラウドコンピューティングに関するCIOの懸念事項がセキュリティから一般的なマネジメント上の課題(顧客の信頼等)へとシフトしているとの調査結果 »