« クラウドコンピューティングにおける2つの重大な嘘 | トップページ | 電波による発がん性についてWHOが初めて肯定的な見解 »

2011年5月31日 (火曜日)

独立行政法人原子力安全基盤機構(JNES)が福島第一原発の事故を想定していた

下記の記事が出ている。

 津波15メートル超で「炉心損傷」 経産省所管法人は「想定外」を想定
 産経ニュース: 2011.5.31
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110531/dst11053100350005-n1.htm

よほどの馬鹿か噓つきでない限り,誰でも容易に想定できたと思う。

今でも「想定外」だと言ってきかない人がいるけれども,何か利害関係があるからそう言わざるを得ないのだろう。

ちなみに,他の全ての原発についても,極めて危険な状態をいくらでも容易に想定することができるし,想定しなければならないと思っている。

|

« クラウドコンピューティングにおける2つの重大な嘘 | トップページ | 電波による発がん性についてWHOが初めて肯定的な見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラウドコンピューティングにおける2つの重大な嘘 | トップページ | 電波による発がん性についてWHOが初めて肯定的な見解 »