« 内部者による顧客情報の外部流出によりバンクオブアメリカに巨額の損失発生 | トップページ | 東京直下型地震の可能性等について海外でも報じられるようになってきた »

2011年5月27日 (金曜日)

米国:税金還付と関連するID窃盗が増加との連邦政府監査院(Government Accountability Office、GAO)報告

下記の報告書が公開されている。

 TAXESAND IDENTITY THEFT - Status of IRS Initiatives to Help Victimized Taxpayers
 GAO: May 25 2011
 http://www.gao.gov/new.items/d11674t.pdf

 [関連記事]

 IRS Struggles to Control Taxpayer Identity Theft
 Accounting Today: May 26, 2011
 http://www.accountingtoday.com/news/IRS-Struggles-Control-Taxpayer-Identity-Theft-58521-1.html

日本では,税の還付手続を装った振り込め詐欺が発生することがあるが,米国の報告書に記載されている内容はより深刻なものだと思われる。潜在的には日本でも多数存在するはずだ。

なお,過日判明した100歳超過の者(実は物故者)に対する年金等の支給事件もそれに類するものと言える。100歳以下の者を含め,全ての年金受給者を丹念に調査すれば,信じられないほど多数の不正受給者が存在するはずだと確信できるだけの状況証拠はある。

|

« 内部者による顧客情報の外部流出によりバンクオブアメリカに巨額の損失発生 | トップページ | 東京直下型地震の可能性等について海外でも報じられるようになってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内部者による顧客情報の外部流出によりバンクオブアメリカに巨額の損失発生 | トップページ | 東京直下型地震の可能性等について海外でも報じられるようになってきた »