« 原発トラブルによるネット上のパニック | トップページ | Yahooをかたる義援金詐欺 »

2011年3月16日 (水曜日)

放射能汚染をおそれてビビッているのであれば,なぜ消火用ロボットを活用しないのか?

不思議でならない。

また,実際にはどれだけの性能があるのかについて詳しいことは知らないが,放射能戦にも耐えられる戦車を米軍は保有しているはずだ。その戦車による支援を求めることだって考えられる。

基本的には,ロボット大国だなんだと自らをおだてあげながら,最も活用の余地があった原発などでの作業用ロボット(遠隔操作の重機や消防車のようなもの)の開発に積極的でなかった政府と東電の責任はかなり重大だと思う。

多数の人間の労働を奪い,それによって労働者の生活を根本から破壊してしまう可能性が高い分野でのロボット開発ばかりやってきたこれまでの政策や姿勢は,根本から改められなければならない。

これもまた,今回の原発トラブルから得られる重要な教訓の一つではないかと考える。

更に一般化して言うと,危機管理の考え方が基本から間違っていた可能性がある。

これまで,例えばパブリッククラウドの関係で何度も指摘してきたとおり,マネジメントが成立しなくなるという究極の場面を想定しているのでなければ本当の危機管理とは言えない。原発に即していうと,自動的に制御して事故の発生を阻止するという発想は,本当は危機管理ではなく,常務に属することだ。危機管理とは,予め想定していたリスク排除の仕組みが全て機能しなくなったところから始まる。原発に即して言うと,開発者や設計者や関連する学者等が「絶対安全だ」といくら強弁しても,そのような意見は一切無視し,ありとあらゆる安全策が全て無効になってしまっている状況ではどのように対処するかを事前に考えるのが危機管理なのだ。

もちろん例外はあるけれども,日本のほぼすべての種類の企業において,この危機管理に関する考え方におけるシビアさの欠如が目立つ。

おそらく,自己保身の気持ちが強すぎる人間が多数派を形成していることに起因するものだろうと推測する。

しかし,正しい発想は,自己を完全に否定しなければならない場面があり得ることを想定するところから始まる。

地震にしろ津波にしろ原発の管理にしろ,今後は,ある意味で全面的な自己否定から始まるような発想を取り入れて再構築しなければならない部分が多々あると思う。


[追記:2011年3月17日]

東京消防庁は,危険な火災現場でも消火活動ができるように各種ロボットを開発・保有してきた。

石原都知事が命令すれば出動できるのではないかと思う。威勢のよい発言の多い方なので,言行一致の姿勢を見せてもらいたい。都知事選にも影響があるだろう。

もっとも,実際には使えない張子の虎のようなロボットなのかもしれず,もしそうであるとするのであれば,いた仕方がない。

 東京消防庁のロボット紹介
 http://tfd119.com/a/rob.htm

|

« 原発トラブルによるネット上のパニック | トップページ | Yahooをかたる義援金詐欺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発トラブルによるネット上のパニック | トップページ | Yahooをかたる義援金詐欺 »