« 米国:Cybersecurity and Internet Freedom Act of 2011 [S.413.IS] | トップページ | Privacy and Accountability 2011 »

2011年3月 9日 (水曜日)

私は感性を疑う

下記の記事を読んだ。

 【日本版コラム】NZ地震で考えた事件・事故被害者、実名報道の是非
 http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/wsj-20110308-0308005/1.htm

「先日届いた彼女からの返信にはこの件はもう触れられていなかったが、私の答えで納得してくれたのだろうか。心もとない限りだ。」と書いてあるが,納得するはずがない。

自分が犯している罪の深さを知らず正当化することばかり考える人種なのだろう。

誰もそのような報道など望んでいない。ジャーナリズムの自己満足だけだ。

もっと大事なことがいっぱいある。

何もわかっていないとしか言いようがない。


[このブログ内の関連記事]

 地震による被災
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-2909.html

|

« 米国:Cybersecurity and Internet Freedom Act of 2011 [S.413.IS] | トップページ | Privacy and Accountability 2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:Cybersecurity and Internet Freedom Act of 2011 [S.413.IS] | トップページ | Privacy and Accountability 2011 »