« Google がAndroidの機能として音楽コンテンツショップサービスを提供開始する見込み | トップページ | Javaの特許をめぐるGoogleとOracleの争い-Androidは特許侵害物か? »

2011年2月18日 (金曜日)

非出会い系サイトにおける児童被害発生はGREEが最多

下記の記事が出ている。

 「非出会い系」被害の子供、GREEが突出 「特定社が増やす」と業界怒り
 産経ニュース: 2011.2.18
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110218/crm11021800230000-n1.htm

私は,様々な理由により,アクセスしないことにしているサイトがいくつかある(有名サイトだけで5箇所以上ある。)。もちろん,Google検索などでたまたまヒットしてしまった場合に偶然アクセスしてしまうことはあるので,意図的または意識的にアクセスしないようにしているサイトだという趣旨だ。

サイトの名前を見ただけで,寄るべきではないと直感することができる。

被害に逢う児童には,そうした直感が働かない要素が何かあったのだろう。

********************

私が何を言わんとしているかについてどうしても知りたいという読者もあるだろう。

「ここではないか?」とめぼしをつけることのできるサイトがあったら,株主構成,出資者,役員構成などを詳密に調査してみると良い。誰でも納得できる理由を発見することができる。

|

« Google がAndroidの機能として音楽コンテンツショップサービスを提供開始する見込み | トップページ | Javaの特許をめぐるGoogleとOracleの争い-Androidは特許侵害物か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Google がAndroidの機能として音楽コンテンツショップサービスを提供開始する見込み | トップページ | Javaの特許をめぐるGoogleとOracleの争い-Androidは特許侵害物か? »