« 違法な商業宣伝広告 | トップページ | 無線通信ホットスポットの危険性 »

2010年9月23日 (木曜日)

Twitterワームをつくったのはオーストラリアの17歳の少年

下記の記事が出ている。

 Twitter worm was unleashed by 17-year-old Australian
 Guardian: 22 September 2010
 http://www.guardian.co.uk/technology/pda/2010/sep/22/twitter-onmouseover-worm

遊びのつもりでつくったらしい。

この少年が天才であるのか,それとも,Twitterのセキュリティホールがひどすぎたのか,何とも言えない。


[追記:2010年9月24日]

関連記事を追加する。

 Twitter.com、勝手にRTする脆弱性を修正、マウスオーバー問題の全容を報告
 Internet Watch: 2010/09/22
 http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100922_395579.html

問題の脆弱性は,「一度修正したものが再発したものだった」とのことだが,きちんと修正したのであれば再発するはずがないので,サービスの品質管理上何か問題があるかもしれないということが示唆される。そして,仮にそのような問題があるとすれば,将来また再発する可能性もあるということが示唆される。

|

« 違法な商業宣伝広告 | トップページ | 無線通信ホットスポットの危険性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 違法な商業宣伝広告 | トップページ | 無線通信ホットスポットの危険性 »