« ブラジル:学術団体や音楽著作権団体等が共同で,政府に対し,ファイルシェアリングを合法化するように要請 | トップページ | 米国:電子メールを悪用したネット詐欺の罪でナイジェリア人に拘禁刑12年の判決 »

2010年9月 5日 (日曜日)

米国:ワシントン州の裁判所が,無許可で個人間の賭け事を媒介するギャンブリングサイトを違法な賭博行為のサイトであると判決

下記の記事が出ている。

 Washington Supremes deliver death sentence to betting site
 Register: 3 September 2010
 http://www.theregister.co.uk/2010/09/03/betcha_death_sentence/

私は,日本では賭博が日常的に行われているのではないかと推定している。

例えば,ゴルフでは1銭も賭けないでプレーすることのほうが少ないのではないかと疑いたくなることがある。

以前,ゴルフの上級者と言われている高名な某氏(A)にそんなことを言ったらひどく叱られたことがある。ところが,後日,その某氏(A)の親友なるこれまた高名な人(B)から聴いたところでは,その某氏(A)とゴルフを一緒にするときは「賭けるのが普通だ」ということだった。両氏の説明は食い違っていることになるが,私の推測では,おそらく某氏(A)はゴルフ賭博の常習者なのだろうと思う。そして,自分のプライドが傷ついたからではなく,痛い所をつかれたために私を叱ったのだろうと信じている。

類似の例は数え切れないほどあるので,ゴルフを趣味としている人だと知ると,必ず「賭けるのですか?」と質問しながら相手の瞳の奥底を見通し,ひそかにその反応を探って楽しむのが習慣のようになってしまった。

念のため,私はゴルフを一切しない。ゴルフだけではなく,球技一般が基本的にひどく不得手で,自分で球技をプレーすることはあり得ないし,観戦することも滅多にない。

ちなみに,これまで飲み屋などで隣合わせた客が威張っているのをたまたま耳にした例としては,野球,相撲,ゴルフ,オリンピックや国体の各種種目などがある。警察に通報してやろうかと思うくらいの大金がかかっていることもあった。

以下はあくまでも一般論。

賭博罪の成立に関して,現実に,その場で,現金でやりとりする場合には,金額が少なくても原則として賭博罪になる可能性がある(勝者にラーメン1食をごちそうするのと現金で支払うのとでは性質が異なる。)。

スポーツの場合には,実力や腕などによって勝敗が決まるので偶然によって左右される賭博とは異なるとの見解もあるらしいのだが,それでは野球賭博も相撲賭博もあり得ないことになるだろう。賭博は賭博だ。

しかし,この種の賭博が社会生活上あまりにも日常的であり過ぎることや,議員や警察の幹部などが自らそのような賭博の常習者であったという事例なども少なからずあって,実際にはほとんど取締りがなされないでいるというのが実情だろう。

そして,賭博の対象はありとあらゆるものを想定することができる。だから,ネット上で賭場を開くことも可能なはずだ。仲介のようなこともできると思う。

おそらく,現実には既に多数の賭博サイトや賭博サービス等が存在するのだろう。

|

« ブラジル:学術団体や音楽著作権団体等が共同で,政府に対し,ファイルシェアリングを合法化するように要請 | トップページ | 米国:電子メールを悪用したネット詐欺の罪でナイジェリア人に拘禁刑12年の判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラジル:学術団体や音楽著作権団体等が共同で,政府に対し,ファイルシェアリングを合法化するように要請 | トップページ | 米国:電子メールを悪用したネット詐欺の罪でナイジェリア人に拘禁刑12年の判決 »