« 北朝鮮の最新ステルス兵器 | トップページ | 米国:サムスンがiPad対抗機種Galaxy tabletを販売開始 »

2010年9月17日 (金曜日)

ブラジル:無線追跡用チップに活路を見出す

インド及び中国の急成長に続きブラジルの動向が注目されている。ITの分野では牧畜牛の耳に装着される追跡用チップの分野が急成長しており,これが今後は人間に関する分野へ展開される見込みのようだ。下記の記事が出ている。

 High-tech cow earrings mark new path for Brazil
 REUTERS: Sep 16, 2010
 http://www.reuters.com/article/idUSTRE68G02F20100917

ブラジルのアマゾンの厳しい気象条件下でも十分に使えるだけの耐久性が売り物ということらしい。

人間の身体にしろ自動車その他の用具にしろ,広範に追跡用チップが普及した場合,現時点よりも更にプライバシー問題がにぎやかになっていくことだろう。

米国の巨大ファームが仕掛けるに違いないクラスアクションに対応するための検討をしながらブラジルの企業が製品開発を進めているのかどうかは知らない。

|

« 北朝鮮の最新ステルス兵器 | トップページ | 米国:サムスンがiPad対抗機種Galaxy tabletを販売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮の最新ステルス兵器 | トップページ | 米国:サムスンがiPad対抗機種Galaxy tabletを販売開始 »