« インターネットを介した児童買春の容疑で摘発が続く | トップページ | 警察庁:平成22年上半期の暴力団情勢(平成22年8月) »

2010年8月24日 (火曜日)

Windows及び関連アプリケーションに重大な脆弱性があることをマイクロソフトが認める

下記の記事が出ている。

 Microsoft confirms code-execution bug in Windows apps
 Register: 24 August 2010
 http://www.theregister.co.uk/2010/08/24/binary_planting_attack_advisory/

Windowsの定例セキュリティパッチ配布直後に公表された脆弱性なのだが,当初,マイクロソフトは全く認識していないと説明していた。しばらく時間を要したけれども,認めざるを得ない事態になったようだ。

Windows及び主要なアプリケーションの多くに重大な脆弱性があり,ゼロデイ攻撃が可能な状態となっている。

[このブログ内の関連記事]

 Windows及び関連する40のアプリケーションで重大な脆弱性がみつかる
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/windows40-018d.html

|

« インターネットを介した児童買春の容疑で摘発が続く | トップページ | 警察庁:平成22年上半期の暴力団情勢(平成22年8月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インターネットを介した児童買春の容疑で摘発が続く | トップページ | 警察庁:平成22年上半期の暴力団情勢(平成22年8月) »