« 企業内ではスマートフォン等のモバイルを使用してはならない | トップページ | フランス:Googleがストリートビューカーによる情報収集を再開の見込み »

2010年8月24日 (火曜日)

国連のWebサイトは,長年にわたりSQLインジェクションによって汚染されていた

下記の記事が出ている。

 United Nations Website Contains SQL Injection Flaws Three Years After Hack, Researcher Says
 dark READING: 8 23, 2010
 http://www.darkreading.com/vulnerability_management/security/vulnerabilities/showArticle.jhtml?articleID=226900111

おそらく,国連だけではない。

以前,韓国内で非常に多くのシステムがSQLインジェクションによる攻撃を受けたことがある。それは,SQLサーバが違法コピーされたアプリケーションを用いていたことにも大きな原因があるとされているが,それだけではなかったようだ。同様の攻撃は日本国内でもあった。

そのときの攻撃がどこからなされたのかについては,現時点ではおおよその見当がついている。

事態に変化がない以上,今後も同じことが当然繰り返されることになるだろう。

|

« 企業内ではスマートフォン等のモバイルを使用してはならない | トップページ | フランス:Googleがストリートビューカーによる情報収集を再開の見込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 企業内ではスマートフォン等のモバイルを使用してはならない | トップページ | フランス:Googleがストリートビューカーによる情報収集を再開の見込み »