« 米国:GoogleストリートビューWifi通信傍受によるプライバシー侵害を理由とするクラスアクションの審理 | トップページ | Appleが英国団体によるモバイル環境影響評価ランキングを拒否 »

2010年8月26日 (木曜日)

米国:軍用コンピュータシステムについてサイバー防衛の必要性が高まる

下記の記事が出ている。

 Secret US military computers 'cyber attacked' in 2008
 BBC: 25 August 2010
 http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-11088658

莫大な国防予算を投入し,米国でも最も高度なセキュリティが確保されているはずの軍事システムでさえ,スパイウェアを組みこまれてしまうことがあるようだ。この記事では,そのスパイウェアによって機密データが敵国の手にわたったかどうかは不明だとしているが,おそらくわたっている。

国防の場合でも民間の場合でも,情報セキュリティを担当する職員(従業者)の中にスパイが最初から入り込んでいる場合がしばしばあるから厄介だ。内部から侵食されてしまう。

さて,莫大な国防予算と同じように情報セキュリティコストを投ずることのできない民間のコンピュータシステムではどうだろうか?

|

« 米国:GoogleストリートビューWifi通信傍受によるプライバシー侵害を理由とするクラスアクションの審理 | トップページ | Appleが英国団体によるモバイル環境影響評価ランキングを拒否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国:GoogleストリートビューWifi通信傍受によるプライバシー侵害を理由とするクラスアクションの審理 | トップページ | Appleが英国団体によるモバイル環境影響評価ランキングを拒否 »