« 著作権情報センター(CRIC):著作権・著作隣接権に関する論文を募集 | トップページ | FacebookはRFIDタグによって利用者の位置情報を取得している »

2010年8月30日 (月曜日)

国立情報学研究所:安全な長距離通信を実現する量子ネットワークへの道

情報・システム研究機構国立情報学研究所(所長:坂内 正夫)の根本香絵教授とそのグループは,「英ヒューレットパッカード研究所と共同で,実用的な長距離量子通信レートを可能にする量子中継システムの開発に成功」したとのことで,その概要が公表されている。

 安全な長距離通信を実現する量子ネットワークへの道
 国立情報学研究所: 2010年8月30日
 http://www.nii.ac.jp/news/2010/0830/

「なぜ米国企業と共同開発をするのか」について,若干疑問がある。

ともあれ,研究それ自体としては大きな成果であることは間違いない。

あとになってから特許その他の知的財産権をまるどりされて泣きを見ないようにしてほしいものだと心から祈る。

|

« 著作権情報センター(CRIC):著作権・著作隣接権に関する論文を募集 | トップページ | FacebookはRFIDタグによって利用者の位置情報を取得している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著作権情報センター(CRIC):著作権・著作隣接権に関する論文を募集 | トップページ | FacebookはRFIDタグによって利用者の位置情報を取得している »