« USA Todayの経営姿勢の変化は新聞産業の未来を示唆するものか? | トップページ | 警察庁:振り込め詐欺事件で振込先として指定された銀行口座一覧 »

2010年8月30日 (月曜日)

インターネットに関して世界で最も危険な地帯はトルコとロシア-世界で最も安全な地帯はシエラレオネと日本

下記の記事が出ている。

 Where In The World Is Safest To Go Online?
 dark READING: 8 27, 2010
 http://www.darkreading.com/security/client/showArticle.jhtml?articleID=227100688

この記事で紹介されている調査結果は,下記のところにある。

 TURKEY AND RUSSIA TOP RISKY SURFING TABLE. SIERRA LEONE AND JAPAN LEAD THE SAFEST
 AVG study looks at the safest and most dangerous places to surf the Internet
 http://avg.typepad.com/files/internet-virus-release-english-final-1.pdf

なお,ここでいう「安全」の定義については,正確に理解する必要がある。

また,相対値なので,絶対値としての安全性が保証されているわけではない。現にネット上のインシデントやリスクはいつでも充満している。

|

« USA Todayの経営姿勢の変化は新聞産業の未来を示唆するものか? | トップページ | 警察庁:振り込め詐欺事件で振込先として指定された銀行口座一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« USA Todayの経営姿勢の変化は新聞産業の未来を示唆するものか? | トップページ | 警察庁:振り込め詐欺事件で振込先として指定された銀行口座一覧 »