« AppleがiPhone,iPad,iPodのバグを補修したと発表 | トップページ | 今後の雑誌の世界では電子出版が主流になるのではないか? »

2010年8月12日 (木曜日)

Facebookのログインシステムのバグにより信じがたい人数の利用者情報が漏洩

これでは全くアクセスコントロールがないのに等しい。おそらく,全利用者の詳細情報が既に漏洩しているのではないかと推定される。下記の記事が出ている。

 Facebook bug spills name and pic for all 500 million users
 Register: 11 August 2010
 http://www.theregister.co.uk/2010/08/11/facebook_name_extraction_bug/

なお,Facebookのような非常に多数の利用者を抱えるベンダは,損害賠償責任を負う能力がない。利用者数が多ければ多いほど,賠償金額が急激に増加し,実質的な弁償能力を喪失してしまうからだ。

したがって,未来の法制(国際条約)としては,全ての顧客に対して相応の損害賠償義務を果たすことのできる担保力を超過した時点で,それ以上に顧客を獲得することを禁止するような法制を真剣に考える必要がある。

現在の債務法や破産法の基本は,ローカルな地理的範囲内で活動する企業を前提としており,その損害賠償額が地球規模の巨額に拡大することを予想していない。

このことは,日本の法制だけではなく,欧米の法制でも全く同じだ。根本的な部分で重大な欠陥がある。これまた大恐慌を発生させる重大な要因の一つとなり得る。

損害賠償の担保という観点から契約法や債務法を検討せずに,詐欺的な似非経営学者達の口車に乗せられて経済運営をしてきた大きなツケを支払わされることになるだろう。

|

« AppleがiPhone,iPad,iPodのバグを補修したと発表 | トップページ | 今後の雑誌の世界では電子出版が主流になるのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AppleがiPhone,iPad,iPodのバグを補修したと発表 | トップページ | 今後の雑誌の世界では電子出版が主流になるのではないか? »