« Blackberryの問題から考えるパブリッククラウドの統制問題 | トップページ | 総務省:法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会(第3回) »

2010年8月13日 (金曜日)

Apple製品の脆弱性問題はいつまでも終わらないかもしれない

下記の記事が出ている。

 Jailbreak hacker unleashes exploit code
 thinq.co.uk: 12 August 2010
 http://www.thinq.co.uk/2010/8/12/jailbreak-hackers-unleash-exploit-code/

MicrosoftのWindowsもそうなのだが永久に終わらない問題となるのに違いない。

ただし,いつも言うことだが,小型デバイスでは,普通のPCの場合と比較して,その利用者が情報セキュリティの意識を持つことが比較的少ないだろうと推定さえることから,攻撃による実害発生の危険性が普通のPCよりも高いということができる。

次善の策として,重要なデータやファイルをスマートフォンでやりとりしてはならないし,機密性の高いデータをスマートフォンに残してはならない。せいぜいいゲーム等の娯楽用端末程度の使い方をするのが正しい。

賢い経営者は,スマートフォンの業務処理上での利用及びオフィス内への持込を禁止できるように就業規則を改正し,違反した者を解雇できるようにするための懲戒規定の改正をすべきだと思われる。


[このブログ内の関連記事]

 AppleがiPhone,iPad,iPodのバグを補修したと発表
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/appleiphoneipad.html

|

« Blackberryの問題から考えるパブリッククラウドの統制問題 | トップページ | 総務省:法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会(第3回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Blackberryの問題から考えるパブリッククラウドの統制問題 | トップページ | 総務省:法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会(第3回) »