« ニューヨーク銀行の27歳の元銀行員が,IT部門に勤務する約2000人の従業員の個人情報を盗み出した容疑を認める | トップページ | 内部統制報告実務詳解 »

2010年7月 6日 (火曜日)

日本の新聞社サイトの記事はすぐに消滅してしまうことが多い

このブログは,要するに日記のようなものだから,紹介したり参照したりしている記事がすぐにリンク切れになってしまうことがある。たまにご指摘のメールなどを頂戴するが,私には何らの責任もないと思っている。へたにキャッシュを残すと,すぐに著作権侵害だ何だと騒ぐ輩が多過ぎ,訴訟を提起されると面倒なので,それもできない。記事が紹介されたら,各自,そのキャッシュを(家庭内において私的目的で用いるものとして)保存するようにしていただくしかないと思っている。

とりわけ,日本の新聞社が提供するネット上の報道記事は,あっという間に消えてしまうことが多い。

いろいろと事情があってそうしているのかもしれないが,基本的には,ずっと残しておくべきだろうと思う。

この点,海外のサイトは,なかなかリンク切れにならない。文化の相違というよりは,経営姿勢の優劣のようなものに起因するのではないかと思う。

|

« ニューヨーク銀行の27歳の元銀行員が,IT部門に勤務する約2000人の従業員の個人情報を盗み出した容疑を認める | トップページ | 内部統制報告実務詳解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニューヨーク銀行の27歳の元銀行員が,IT部門に勤務する約2000人の従業員の個人情報を盗み出した容疑を認める | トップページ | 内部統制報告実務詳解 »