« iPhone4のアンテナ問題で批判が高まる | トップページ | 人工角膜 »

2010年7月16日 (金曜日)

コンピュータウイルスは人間の身体に感染しないか?

コンピュータウイルスが人間にも感染するなどというと笑われてしまいそうだが,将来,そういうことが起きるかもしれないと考えている。

例えば,将来,バイオコンピュータが実用化した場合,そのアーキテクチャにもよるが,生体であるウイルスによる攻撃がなされることがあり得る。そして,そのウイルスは,人間を媒介して感染させるという方法でしかけられるかもしれないのだ。

この場合,コンピュータシステムと人間との両方に感染可能なウイルスが遺伝子操作等によって開発されることになるだろう。

現時点ではSFに過ぎないかもしれない。

しかし,「次の時代には何が起きるか」をあれこれ想像しながらやっていかないとサイバー法を専攻しているとはいえないので,ちょっとだけ書いておくことにする。

|

« iPhone4のアンテナ問題で批判が高まる | トップページ | 人工角膜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iPhone4のアンテナ問題で批判が高まる | トップページ | 人工角膜 »