« 顔認証システムを使った商業宣伝広告実験を複数の駅で開始 | トップページ | やはり重要な業務をパブリッククラウドで処理してはならないという当然の結論 »

2010年6月21日 (月曜日)

中国:通貨偽造事件で押収した偽札の総重量が何と2トン!

下記の記事が出ている。

 通貨偽造摘発―偽札2トン押収、15.6億円相当はすでに流通
 Searchina: 2010/06/21
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0621&f=national_0621_007.shtml

中国で通貨偽造は日常茶飯事といわれているのだが,中国政府もその摘発に力を入れはじめたようだ。それにしても,2トンとはすごい。

ちなみに,クレジットカードなどの支払用カードについても中国は有名な国だ。おそらく,2トンどころではないとんでもない分量の偽造クレジットカードが存在し,かつ,流通している。

|

« 顔認証システムを使った商業宣伝広告実験を複数の駅で開始 | トップページ | やはり重要な業務をパブリッククラウドで処理してはならないという当然の結論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 顔認証システムを使った商業宣伝広告実験を複数の駅で開始 | トップページ | やはり重要な業務をパブリッククラウドで処理してはならないという当然の結論 »