« ATMの脆弱性 | トップページ | 総務省:平成22年度「地域情報プラットフォーム活用推進事業」に係る提案の公募の結果 »

2010年6月28日 (月曜日)

米国:AppleのiPhoneによる精密な位置情報の自動収集が違法行為ではないかとして連邦議会で問題視

下記の記事が出ている。

 US lawmakers grill Apple on location tracking changes
 Register: 25th June 2010
 http://www.theregister.co.uk/2010/06/25/apple_location_terms_and_conditions/

日本でも位置情報を商業宣伝広告ビジネスにつなげようとする人々が数え切れないほどいる。実際には収益増加には結びつかないビジネスモデルであり,単にそのようなシステムを開発・納入する企業だけを儲けさせるのに過ぎない。

懸命な経営者は,もっと別なことを考えるべきだ。

商業宣伝広告の本質に遡って,「本当は何が利益をもたらしているのか?」をよく考えたほうが良い。

|

« ATMの脆弱性 | トップページ | 総務省:平成22年度「地域情報プラットフォーム活用推進事業」に係る提案の公募の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ATMの脆弱性 | トップページ | 総務省:平成22年度「地域情報プラットフォーム活用推進事業」に係る提案の公募の結果 »