« インターネットや雑誌等で客を募り女性を派遣して売春させていた31歳の男らが逮捕 | トップページ | GUCCIの偽物財布などを中国から輸入し,インターネット上で販売していた53歳の男らが逮捕 »

2010年6月 4日 (金曜日)

無届で出会い系電子掲示板サービスを提供していた32歳の男が逮捕

下記の記事が出ている。

 無届けでネット掲示板=容疑の32歳男逮捕-警視庁
 時事通信: 2010/06/01
 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010060100418

[参考]

インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(抜粋)

第7条(インターネット異性紹介事業の届出)
1 インターネット異性紹介事業を行おうとする者は,国家公安委員会規則で定めるところにより,次に掲げる事項を事業の本拠となる事務所(事務所のない者にあっては,住居。第三号を除き,以下「事務所」という。)の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に届け出なければならない。この場合において,届出には,国家公安委員会規則で定める書類を添付しなければならない。
 一 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては,その代表者の氏名
 二 当該事業につき広告又は宣伝をする場合に当該事業を示すものとして使用する呼称(当該呼称が2以上ある場合にあっては、それら全部の呼称)
 三 事業の本拠となる事務所の所在地
 四 事務所の電話番号その他の連絡先であって国家公安委員会規則で定めるもの
 五 法人にあっては,その役員の氏名及び住所
 六 第11条の規定による異性交際希望者が児童でないことの確認の実施の方法その他の業務の実施の方法に関する事項で国家公安委員会規則で定めるもの
2 前項の規定による届出をした者は,当該インターネット異性紹介事業を廃止したとき,又は同項各号に掲げる事項に変更があったときは,国家公安委員会規則で定めるところにより,その旨を公安委員会(公安委員会の管轄区域を異にして事務所を変更したときは,変更した後の事務所の所在地を管轄する公安委員会)に届け出なければならない。この場合において,届出には,国家公安委員会規則で定める書類を添付しなければならない。

第8条(欠格事由)
 次の各号のいずれかに該当する者は,インターネット異性紹介事業を行ってはならない。
 一 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産手続開始の決定を受け復権を得ない者
 二 禁錮以上の刑に処せられ,又はこの法律、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第60条第1項若しくは児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成11年法律第52号)に規定する罪を犯して罰金の刑に処せられ,その執行を終わり,又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
 三 最近5年間に第14条又は第15条第2項第二号の規定による命令に違反した者
 四 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第六号に規定する暴力団員(以下この号において単に「暴力団員」という。)である者又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
 五 未成年者(児童でない未成年者にあっては,営業に関し成年者と同一の行為能力を有する者及びインターネット異性紹介事業者の相続人でその法定代理人が前各号のいずれにも該当しないものを除く。)
 六 法人で、その役員のうちに次のいずれかに該当する者のあるもの
  イ 第一号から第四号までに掲げる者
  ロ 児童

第9条(名義貸しの禁止)
 第7条第1項の規定による届出をした者は,自己の名義をもって,他人にインターネット異性紹介事業を行わせてはならない。

第32条(罰則)
 次の各号のいずれかに該当する者は,6月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
一 第7条第1項の規定による届出をしないでインターネット異性紹介事業を行った者
二 第9条の規定に違反した者
三 第13条又は第15条第2項第一号の規定による指示に違反した者

|

« インターネットや雑誌等で客を募り女性を派遣して売春させていた31歳の男らが逮捕 | トップページ | GUCCIの偽物財布などを中国から輸入し,インターネット上で販売していた53歳の男らが逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インターネットや雑誌等で客を募り女性を派遣して売春させていた31歳の男らが逮捕 | トップページ | GUCCIの偽物財布などを中国から輸入し,インターネット上で販売していた53歳の男らが逮捕 »