« MicrosoftのWord 2003及びWord 2007のXML特許侵害訴訟で,控訴審でもMicrosoftが敗訴 | トップページ | ウクライナ:サイバー犯罪サイトをホスティングしているとの批判のあったISPが,警察等の圧力に屈して犯罪サイトの掃除をしたとたんに火災で機能喪失-放火の疑い »

2010年4月 2日 (金曜日)

米国でもプライバシー保護法見直しの動き

欧州では,プライバシー保護法制の基本的な枠組みの見直し作業が開始されている。米国でも同様の動きがあるようだ。

 Senator Calls For Privacy Hearings
 Dark READING: 4 01, 2010
 http://www.darkreading.com/security/privacy/showArticle.jhtml?articleID=224201073

私は,個人情報保護法の制定前からずっと,現行の個人情報保護法のような枠組みでは駄目だと主張してきた。しかし,賛成者はあまりいない。

外圧を期待し続けてきたが,やっと外圧がやってくる。

今回の見直しでそうなるかどうかは判らないが,長い目で見れば,きっと,私がずっと主張してきたとおりの基本的な枠組みへと世界の主要法制が移行していくことになるだろう。

なぜならば,それが最適解だからだ。

自分の頭で考えることができず,権威だけを頼りに物事を評価するタイプの者やステレオタイプの発想しかできない者には私見を理解することができないかもしれないが・・・

[このブログ内の関連記事]

 EU:新たな個人データ保護の枠組みに関し3ヵ年をかける調査・検討プロジェクト(PRESCIENT)を開始
 http://cyberlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/eu3prescient-8a.html

|

« MicrosoftのWord 2003及びWord 2007のXML特許侵害訴訟で,控訴審でもMicrosoftが敗訴 | トップページ | ウクライナ:サイバー犯罪サイトをホスティングしているとの批判のあったISPが,警察等の圧力に屈して犯罪サイトの掃除をしたとたんに火災で機能喪失-放火の疑い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MicrosoftのWord 2003及びWord 2007のXML特許侵害訴訟で,控訴審でもMicrosoftが敗訴 | トップページ | ウクライナ:サイバー犯罪サイトをホスティングしているとの批判のあったISPが,警察等の圧力に屈して犯罪サイトの掃除をしたとたんに火災で機能喪失-放火の疑い »