« 総務省:電波の有効利用に関する国際シンポジウム 議事要旨 | トップページ | Cyber War: The Next Threat to National Security and What to Do About It »

2010年4月27日 (火曜日)

暗号化専用チップの採用により情報セキュリティは向上するか?

暗号化されたデータ通信それ自体の強度の問題は常に検討課題とせざるを得ない状況にあるが,それとは別に,データを暗号化するためにサーバやPCにインストールされているアプリケーションに対する攻撃があり得るという問題もある。このようなタイプの問題を解決するための方法として,専用のICチップによって暗号化処理をするという方法がずいぶん昔から提唱されていたし,その実装例もあった。そのような情報セキュリティ向上のための専用チップがかなり安価に提供される見込みとなってきたようだ。下記の記事が出ている。

 Web security attack 'makes silicon chips more reliable'
 BBC: 26 April 2010
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8637845.stm

ただし,この記事の中でも指摘されているように,ICチップによる場合,ソフトウェアによる暗号化処理等とは異なりアプリケーションソフトウェアにバグなどがあっても更新できないという問題があり得る。解決策はあるだろうが,もしかするとどうどうめぐりになってしまうかもしれない。

|

« 総務省:電波の有効利用に関する国際シンポジウム 議事要旨 | トップページ | Cyber War: The Next Threat to National Security and What to Do About It »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総務省:電波の有効利用に関する国際シンポジウム 議事要旨 | トップページ | Cyber War: The Next Threat to National Security and What to Do About It »