« クラウドコンピューティングと取締役の善管注意義務及び内部統制に関する論文 | トップページ | 指宿 信『法情報学の世界』 »

2010年4月 4日 (日曜日)

Al-Haramain vs Bush事件において,NSAによる通信傍受は違法との判決

ホームランドセキュリティという目的で,捜査令状なしになされてきた通信傍受について,違法であるとの判決がなされたようだ。下記の記事が出ている。

 Court Rejects Government's Executive Power Claims and Rules That Warrantless Wiretapping Violated Law
 EFF: March 31st, 2010
 http://www.eff.org/deeplinks/2010/03/court-rules-warrantless-wiretapping-illegal

 Bush-authored warrantless wiretapping suffers abrupt defeat
 Register: 2nd April 2010
 http://www.theregister.co.uk/2010/04/02/warantless_wiretapping_defeat/

なお,判決は,EFFサイト内にある下記のところで入手することができる。

 Al Haramain v. Bush: Court Order
 http://www.eff.org/files/filenode/att/alharamainorder33110.pdf

|

« クラウドコンピューティングと取締役の善管注意義務及び内部統制に関する論文 | トップページ | 指宿 信『法情報学の世界』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラウドコンピューティングと取締役の善管注意義務及び内部統制に関する論文 | トップページ | 指宿 信『法情報学の世界』 »