« 出会い系サイトの利用料金名目で合計約2億円を騙し取った37歳の男(インターネットサービス会社「アイティーエス」社長)ら5名が逮捕 | トップページ | パブリッククラウドによるアプリケーションの提供から利益を得ることは可能なのか? »

2010年4月 9日 (金曜日)

生活保護受給者として通院先の病院から無料で投薬されていた睡眠導入剤をインターネットで販売していた32歳の女と28歳の男の姉弟が麻薬取締法違反の容疑で逮捕

下記の記事が出ている。

 睡眠薬をネット販売 生活保護受給無料で入手 容疑で姉弟を逮捕
 東京新聞: 2010年4月9日
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20100409/CK2010040902000080.html

強制労働の刑のようなものを新設する必要がありそうだ。ただし,すぐに「人権侵害だ」とか「憲法違反だ」とかいう非難が出てきそうだし,確かに,憲法違反になるだろうと思うので,憲法を改正しない限り,日本では強制労働の刑のようなものについては実現可能性がゼロだ。

|

« 出会い系サイトの利用料金名目で合計約2億円を騙し取った37歳の男(インターネットサービス会社「アイティーエス」社長)ら5名が逮捕 | トップページ | パブリッククラウドによるアプリケーションの提供から利益を得ることは可能なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出会い系サイトの利用料金名目で合計約2億円を騙し取った37歳の男(インターネットサービス会社「アイティーエス」社長)ら5名が逮捕 | トップページ | パブリッククラウドによるアプリケーションの提供から利益を得ることは可能なのか? »