« 通常のウイルス検知パッケージやSSLを用いた暗号化などは,情報セキュリティ上の防御手段として十分に機能していない? | トップページ | 米国:私人間の通信について国防のためになされているディープパケットインスペクションに対する批判 »

2010年3月 4日 (木曜日)

Wi-Fi無線通信機能のあるPCでは,そのPCをシャットダウンさせていても,そのPC内にあるデータを盗み取られてしまう危険性がある?

下記の記事が出ている。

 Security ‘Expert’ Claims Thieves Can Detect Wi-Fi In Sleeping Computers
 Wired: March 3, 2010
 http://www.wired.com/gadgetlab/2010/03/security-expert-claims-thieves-can-detect-wi-fi-in-sleeping-computers/

信じがたいことではある。しかし,私は無線通信関係の技術者ではないので,真偽のほどは判らない。

とはいえ,もしこの記事に書いてあることが本当にそうだとすれば,無線通信の安全性について全面的な見直しが必要となるかもしれない。

ところで,私の親しい知人から聞いた話なのだが,その知人が夜に自宅のPCを使い終えてシャットダウンしてから布団の中にもぐりこんだところ,しばらくして,突然電源が自動的にオンとなって電源ランプが点灯し,そのPCが立ち上がり始めてしまったそうだ。その知人は,恐ろしくなって布団の中で震えていたということなのだが,おそらく夢ではなく現実にあった出来事だろうと思っている。かつて「マニトー」という映画があったが,機械のマニトーがそのPCをスイッチオンにして起動させたのではなく,シャットダウン中のPCでも起動させることのできる方法が何か存在するのに違いない。そして,そのPCの持主が就寝中にそのPCの中にある大事なデータを盗みだしてしまうのだ。

これらのリスクが本当に存在するとした場合,防御方法が全くないわけではない。まず,PCを使わないときにはインターネットと接続しているケーブルを物理的に取り外してしまい,かつ,無線通信用のデバイスをすべて物理的に除去してしまうことだ。そうすれば,どうやってもPC内のデータを外部に伝送することができなくなる。

ちなみに,この私はPCでそのような経験をしたことはないが,携帯電話ではしばしば奇妙な経験をしている。それは,完全にスイッチオフにしている状態でも,突然携帯電話内のバイブレータが短時間作動してしまうのだ。これは,外部からの何らかの無線信号に反応してそうなるだけのことかもしれないが,かなり気持ち悪い出来事であることを否定することができない。

|

« 通常のウイルス検知パッケージやSSLを用いた暗号化などは,情報セキュリティ上の防御手段として十分に機能していない? | トップページ | 米国:私人間の通信について国防のためになされているディープパケットインスペクションに対する批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通常のウイルス検知パッケージやSSLを用いた暗号化などは,情報セキュリティ上の防御手段として十分に機能していない? | トップページ | 米国:私人間の通信について国防のためになされているディープパケットインスペクションに対する批判 »