« 経済産業省:再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム・第3回会合配付資料 | トップページ | クラウドコンピューティングにおけるセキュリティリスクはアウトソーシング一般におけるリスクと共通している »

2010年3月 4日 (木曜日)

これからの大学図書館:グーグル化する世界と将来展望

国立国会図書館で,下記の講演会が開催される。当初,定員60名ですぐに満席になってしまっていたのだが,その後大きな会場に変更となったため300人に増加され,募集が再開されている。

 これからの大学図書館:グーグル化する世界と将来展望
 主  催:国立国会図書館
 日  時:平成22年 3月9日(火) 13:00~15:00 (12:30より受付開始)
 会  場:国立国会図書館東京本館新館講堂
 募集人員:300名
 参 加 費:無料
 申込締切:3月8日(月)17時
 http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/libumd.html

|

« 経済産業省:再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム・第3回会合配付資料 | トップページ | クラウドコンピューティングにおけるセキュリティリスクはアウトソーシング一般におけるリスクと共通している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済産業省:再生可能エネルギーの全量買取に関するプロジェクトチーム・第3回会合配付資料 | トップページ | クラウドコンピューティングにおけるセキュリティリスクはアウトソーシング一般におけるリスクと共通している »