« 3月のサイバー攻撃の主な発信源は米国,中国そしてルーマニアだった | トップページ | 無線でPC本体と通信するキーボードなどがハックされる脆弱性が発見 »

2010年3月27日 (土曜日)

人間の手や腕が入力装置になる

人間の手や腕の皮膚を入力装置とする研究がカーネギーメロン大学などで進められているようだ。下記の記事が出ている。

 Sensors turn skin into gadget control pad
 BBC: 26 March 2010
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8587486.stm

人間の生体は,現時点でも既に入力装置のような使われ方をしている。例えば,携帯電話の無線アンテナの一部として既に利用されている。

ただし,そのような利用を長期間継続した場合の副作用(発ガン性)等についての調査は存在しないので,未知数だ。

|

« 3月のサイバー攻撃の主な発信源は米国,中国そしてルーマニアだった | トップページ | 無線でPC本体と通信するキーボードなどがハックされる脆弱性が発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月のサイバー攻撃の主な発信源は米国,中国そしてルーマニアだった | トップページ | 無線でPC本体と通信するキーボードなどがハックされる脆弱性が発見 »