« Googleがブラウザ上で動作するビジネスアプリケーションの販売を開始 | トップページ | 中国が米国や欧州の政府から機密情報を盗み取るためのサイバー戦争を準備している? »

2010年3月10日 (水曜日)

IBMが2009年における情報セキュリティ上のリスク傾向分析結果を公表

下記の記事が出ている。

 IBM X-Force Threat Reports
 IBM: February 2010
 http://www-935.ibm.com/services/us/iss/xforce/trendreports/

 IBM Observed Increased Phishing and SQL Injection Attacks in 2009
 SPAMfighter News: 08-03-2010
 http://www.spamfighter.com/News-13999-IBM-Observed-Increased-Phishing-and-SQL-Injection-Attacks-in-2009.htm

他の調査結果や統計等でも同じ結果が出ているが,やはりフィッシング,SQLインジェクションなどが重大な脅威(脆弱性)としてとらえられているようだ。

|

« Googleがブラウザ上で動作するビジネスアプリケーションの販売を開始 | トップページ | 中国が米国や欧州の政府から機密情報を盗み取るためのサイバー戦争を準備している? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Googleがブラウザ上で動作するビジネスアプリケーションの販売を開始 | トップページ | 中国が米国や欧州の政府から機密情報を盗み取るためのサイバー戦争を準備している? »